こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:考えてみた( 19 )

なじませる

こんばんわ。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」まえだです。

2015年スタートしましたが、
なんとなくまだまだ冬眠中の気配です。

さて、
クラニオセイクラルセラピーの勉強会などの担当の際に
「手を置いたら相手のからだと自分の手をなじませましょう」
「相手のからだと自分の手の境界があいまいになってきたり、
仲良くなってくるような感じになってくるといいですねー」
なんて言うことがよくあります。

ぎゅーっと押したりするのではなく
ふわっとしていつつも、ぴったりくっついている感じ。

そうすると
自分も相手も気持ちよく
ほわーんとからだがほぐれてくる。
勝手にぽかぽかあったまって
循環がよくなってくる。


ということを日々シゴトのときに
やっているのですが、
お料理したり、藁細工したりするときにも
この「なじませる」ってのは、なかなか大事。

お料理の場合は、味がしみ込みます。

藁細工の場合は、カタチがしっくりきまってきます。
つくりたては、なんだかゴソゴソした感じでも
1日くらい置いておくと、なんか「いい感じ」になってくるのです。
フシギと。

「なじませる」
には、やや時間がかかります。

でもそのほうが、なんかしっくりくるんですよね。


とはいえ、お料理の場合は
いつも腹ペコなのでなかなか待っていられない。

今年の課題はココかしら?
[PR]
by kogomi_dou | 2015-01-09 23:31 | 考えてみた
こんにちは。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」まえだです。

今朝テレビで「植物工場」なるものを取り上げてました。
ざっくりいうと、野菜などの水耕栽培ハウスですな。
最近では、試験的に団地の一角に設置され、
地域のご高齢の方が世話をされていたり
(普通の畑に比べると水やりや畑を耕す、草取りなどの労力もラクということもあり)、
オウチに冷蔵庫みたいな箱を設置してそこで育てたものの
映像を公開したり、調理したレシピをネット上でシェアしたり、
ということもされているそうです。


ふむふむ、確かに管理された中での栽培は
食糧供給安定のためには必要かもしれません。


しかし、なんか若干しっくりこない感じがあったのも事実。


植物って、大地のエネルギーや太陽の光や自然の雨風を
受けながら育っていくものではないかなあ、と。


植物なりに、考えてその土地・その季節に合った生き方を
しているのではないかなあ、と。


収穫量が多かったり、だめになってしまうときもある、という
ことも受け入れながら。


なんでも「管理」されちゃうのはどうなんだろ。


そんなことを感じた朝のひとときでした。
[PR]
by kogomi_dou | 2013-07-30 09:47 | 考えてみた

それは「困難」なのか?

こんにちは。
横浜・妙蓮寺の「こごみ堂」 まえだです。

昨日、NHKスペシャルの「出生前診断」をみました。

大阪の出生前診断をしているクリニックと
そこを訪れ、おなかの中の赤ちゃんに障がいがあるとわかった
ご夫婦や家族の様子などが取材されていました。

出生前診断で「障がいがある」とわかって人工中絶という結果に
いたったケースは、なんと8割とのこと。

産まれてくる子どもが抱える困難、育てる親の覚悟、
すでにいる兄弟との関係、ご夫婦の両親の思い、
その子が年をとったときのこと・・・・・。
考えるといろいろ不安なことはでてきます。

命の判別を生まれる前にしていいものなのか。
障がいを持つことに対する排除にならないか。

いろんな問題がありすぎて、なんといっていいのかわかりません。

取材を受けたご家族も、
いろいろ考え、話し合った末、
「中絶」という結果を出したものの、
いざ手術の段階になって授かった命を生かしたい、産みたい
という思いの方が強くなり、
無事出産され、赤ちゃんもすくすく育っている姿が映されていました。


障がいがあってもなくても、赤ちゃんはみんなから愛される存在なのだなあ、
という当たり前の光景がそこにはありました。

ご自身でも障がいがあり、赤ちゃんを産んだ女性の話の一部で
「障がいを持っていることでいろいろな困難や辛いことがありますが、
でもそれはだれでもなにかしらはあるんですけどね・・・・、」
ということをおっしゃってました。


ううん、「困難」ってなんなんでしょうね。


自分には子どもはいませんが、
近頃いろんなお子さんや親御さんに接して、
なるべくして家族になっているんだろうなあ、という気がしています。

そこには、いろんな大変なことも含まれているし、
うれしいことも楽しいことも含まれている。

人と人が出会って、夫婦になって、子供を授かる。
それだけでもすごいなあ、と私は思ってしまうんです。

子どもができるときはできるし、生まれるときは生まれる。
また、できなくてもそれはそれでその人たちには別にやるべきことがある。

そんなことをふと思います。


まあ、「知る」ことで、「できる」ことをやっていく、
そのくらいしか、私たちにはなすすべがない。


人との出会いは天の采配というか、
なんともその中で、喜んだり苦しんだりするものかもしれないけど、
じたばたしてもしょうがないという気もします。

自分のココロに聞いてみると、好きな人も嫌いな人も
「会うべくして会った」部分がどこかにあるんじゃないかな。


なんか、まとまりませんが。
[PR]
by kogomi_dou | 2012-09-17 22:36 | 考えてみた

集中と拡散

こんにちは!
横浜・妙蓮寺にあるちいさな整体院「こごみ堂」 店主のまえだです001.gif

ここのところお仕事もしていますが、
踊りの習作展に向けての練習もしています。

そのことで必要なのは、まず集中する時間。
自分が何をしたいのかを見つける作業から始まります。

それと同時に、からだを動かして「動き」を見つけていきます。

集中しすぎると「動き」が生まれてこないし、
「動き」ばかりにとらわれてしまうと、なんだか何をしたかったのかが
どこかに飛んで行ってしまいます。

その微妙なバランスが大事。


でも、それって踊りに関わらずあらゆる面でもそうですよね。


先日参加した、須永晃仁和尚の「望診法」講座での
陰陽のお話でもそうでした。

「陰」は拡散・遠心力
「陽」は収縮・求心力


どちらだけでもうまくいかない、
両方あることでバランスを取り合っている、とのこと。

例えば、陰性に傾いているからといって、陽性のものばかり取っていると
今度は陽性に傾いてしまう。

「〇〇に××がいい」
といってそればかり食べていてはよくない、というのは
そういうことでもあるんですね。

では、どこで行き過ぎを判断するかというと
食べ物だと「おいしい」と思えるかどうか、がまず基本。
その他は「心地よい」と思えるかどうか。
でしょうか。

そのためには頭で考えずにからだで感じるチカラのほうが大事。

だからといって、その地点にどーんと落ち着いてしまっていても
よろしくないようです。

水の流れのように、止まっているようでも動きつづけている。

それが、生命などの「エネルギー」のありようなのでしょうね。
[PR]
by kogomi_dou | 2012-06-27 11:39 | 考えてみた

種をまく

こんにちは!
横浜市港北区妙蓮寺にある小さな整体屋こごみ堂の店主前田です058.gif

ようやくよいお天気です!
念願の冬物のお洗濯も第1弾は終了。
あとは、毛布やらダウンやらの大物を残すのみ!

GW前半に種まきしたものが芽を出しました056.gif


e0192203_14464197.jpg

こちらは「のらぼうな」。
(小松菜に似ている葉物野菜の芽です。)


e0192203_14484245.jpg
こちらは、フェヌグリーク。
スパイスセットで以前いただいたのですが、
そのまま眠っていたので、活用。
(「芽もやし」として使うといい!とおススメされていました。)




フェヌグリークは水耕栽培をしてみたので、
発芽の様子がよくわかって面白いです。

最初に出る白いものは、「芽」でなくて「根」だった!
白いひげのようなのが、最初にキッチン―パーに潜りこんでいって
「芽なのになぜ??」
と思ったのですが、最初に根を張るんですね。

根を張って、土台ができてから上へ上へと伸びていく。
頭には種の殻もまだついたまま。

双葉が開くころにようやく、種を脱ぎ捨てます。


改めて植物を育ててみると、学ぶところ多し、です。


芽を出す前には、根を張ること。


ついつい、上を見過ぎて上手くいかないことって多いですよね。


植物は、上に伸びるのと同じくらい、下にも根を張っているといいます。


上手くいかないときは、
根っこがしっかり生えているか、
そんなことも立ち止まって考えてみてもいいかもしれませんね。
[PR]
by kogomi_dou | 2012-05-05 15:00 | 考えてみた
昨日、クラニオセイクラルセラピーのお仲間のご縁で、
福島県二本松でのお手当て体験会のお手伝いをさせていただきました!

この日は、二本松周辺にお住いの方が対象。

地元スタッフがお声かけをしてくださり、たくさんの方がいらっしゃいました。

震災から1年、原発の影響も心配される福島県内。
みなさんどのようにお過ごしなのか、不安もありましたが、
福島の方は、ほんとうに温かく優しい方が多いなあ、という印象を受けました。

おかげさまで、こちらもリラックスすることができました001.gif

体験会にいらした方の気になる部分は「肩・首・背」が多く、
腰がお辛い方、なかには「とくにはない」という方も。

15分ほどのクラニオの「お手当て」を2~3名で担当させていただきましたが、
ほとんどの方は、横になって数分でウトウトされていました。

胸や肩回りの緊張も強く、なかなか外に出せないご苦労も
多いのだろうなという気もしました。

地元で活躍される方々にもお会いすることができ、
これからもどんどん輪が広がる予感。
人とのつながりの中で、少しずつラクに元気になっていくといいですね。


震災後、「なにかできることはないか」と悶々したりしますが、
こういったことなら少しお手伝いが自分にもできるのではないかと思ってます。

しかし、行くことで、「何かをする」だけでなく、
得るものも多いです。

(例えば、人との出会いとか、こういう場では技術とか)


ご縁があれば、また行ってみようと思います。
[PR]
by kogomi_dou | 2012-03-10 17:14 | 考えてみた

赤ちゃんの不思議

月曜日に、アメリカ・ミシガン州の乳幼児精神保健に関わるデボラ・ウェザーストーン先生の講演を聞きにいってきました。

その中でも、赤ちゃんを前にすると自分のころの幼児期のことや原初的な感情が湧いてくる、というお話は印象的でした。

産後の子育て中に、「なんかイライラする」「悲しくなる」なんていうのは、
ホルモンのバランスもあるでしょうが、そういった感情が呼び戻されるのかもしれませんね。

そういった不安や悲しみ・怒りなども、語ることができれば、
状況は変わってくるとのこと。
(たとえば、子供への愛情の見せ方や接し方などに。)

支援する人や周りの人は、そっと寄り添って話を聞いてあげる場を
つくるだけでも、お母さんや子どもには安心できる。


そして支援する側も、大変なケースをひとりで抱え込んでしまうのではなく、
仲間とその「重み」を語る場が必要とのこと。


「安心して語れる場」
それは誰にも必要なものだ、ということを教えていただいた講演会でした。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-11-16 10:37 | 考えてみた

片づけ つづき

お掃除熱の続きで、土日は何年も捨てられなかったものの整理をしました。


何度出しては、またしまい込み・・・の代表は食器と洋服。


「新品同様」、「まだ使える」
となるとなかなか「もったいない」気がして捨てられない。


でも、今回ようやく捨てることができましたー!


「捨てられない」ってのもどこか気持ちに区切りができないことだったのですね。
今回やっとそれと「訣別」です。

「もったいない」というのも、
まあ確かにそうなのだけれど、ウチでの用は果たしたかなという感じになれました。
(何年も使ってなくても居続けたことに価値があるとすれば。)


なるべく身軽に生きていきたい。

お掃除やお片付けは、それの準備段階なのかもしれません。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-10-03 09:40 | 考えてみた

引きずらない

朝の連続テレビ小説「おひさま」を見ています。
(見られる日だけですが)


その中のちょっとしたシーンが印象に残ることが多いです。


今週の「いいなあ」という場面はこちら↓↓


子どもと仕事の間で悩んでいる主人公・陽子が
家に入る前に顔をあげ、呼吸をひとつし、
笑顔で「ただいま」と戸を開けます。

子どもを迎えに行く時も同じ。
道々、顔を下に向け、悩みつつ歩いているのですが、
預け先の飴屋の前で、ちょっと立ち止まり、
気持ちを切り替えて明るく子供を迎えにいきます。


家・プライベートは、「自分の時間」ではあるけれど
やはり周り(家族etc)などに気を配る心持ちは必要なのだなあ、
と気づかされます。

ついつい、不機嫌な気分を持ち帰ってしまうけど、
家に入るときは外でのものは区切りをつけるといいかも。


切り替えって大事ですよね。

そうするとしんどいことも、少し離れて見ることができるように
なるかもしれません。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-08-03 09:49 | 考えてみた

シャカリキになる

なでしこジャパン、優勝しましたねー!

サッカーは実はあまり見ないのですが、
食らいついて続けていくことが、
結果に結びつくのだなあ、と改めて感じました。

その「結果」というのが、いつやってくるのかもわからない。

でも「続けるしかない」という気持ちを持ち続けることも
大事なのですね。

で、彼女たちには、それを続けるための気持ちと自分自身の言葉と
仲間と笑顔がある。

そんな気がしました。



こごみ堂も、いつもあれこれ悩みながらの毎日です。
いろんな方法も模索中。

続けていくためには、遠回りをすることもあるようです。


「イゴコチのいい」状態を目指す、というのが私(と、こごみ堂の)
モットーですが、
ちょっと今は「シャカリキに」なることが必要みたいです。


台風が近づいて時折、風を伴った雨が降ってきています。
気温は29.6度、湿度73%。
からだの表面は蒸していますが、暑さはあまり感じない
落ち着いた連休明けの朝です。

みなさん、よい一日を!

[PR]
by kogomi_dou | 2011-07-19 10:11 | 考えてみた