こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キャンペーン終了です☆

本日、9月30日をもちまして、おためしキャンペーンは終了させていただきました。

今回は、新聞折込チラシと、通っているジム「J-サーキット」妙蓮寺店さんの
地元密着力に助けられて、(こごみ堂にしては)多くのご新規のお客様が
いらっしゃいました。

ありがとうございます!!

もちろん、HP・ブログからみていらっしゃった方もおり、
本当にやってみてよかった!企画でした。

体験されて、なにかあったらまたお越しいただければと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いします!!

*また、ぼちぼちと企画を考えますので、チェックしてみてくださいね!
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-30 23:32 | お知らせ

ハマッてます

e0192203_2345438.jpg


最近のヒットです。

盛岡の北星食品さんの「くるみかりんとう」。

かりんとうというと甘みが強いものが多いですが、こちらのはほんのりした甘さ。
国産小麦とおから入りで、生地の味が楽しめます。
鬼ぐるみのつぶもいいアクセントになっています。

封を開けるとついつい手が伸びて…。
おすそ分けするつもりがひとりで食べてしまいました。

あとで、みんなと食べる分を追加で電話注文。
(関東では手に入らないそうなので。)

しばらくしたら、また頼むつもりです!
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-27 23:56 | たべもののこと
「学校給食と高齢者向けの宅配給食をオーガニックにしよう!」
というフランスの小さな村(バルジャック村)の試みを記録した映画です。

「オーガニック信仰」っていうのは、どうも窮屈に思えるのですが、
「食べ物がからだをつくる」ことを考えると、やはり化学物質はできるだけ
排除したいところ。


映画では、ところどころで普段食べている野菜やソーセージ、バナナなどに
含まれる科学物質・農薬のデータがでてきます。
そして、そのからだにおよぼす影響も。

農業大国フランスでは、ガン、しかも若年のガン発生率がとても高いそうです。
その事実だけでも驚きですが、農業従事者の健康被害も多いということを
この映画で知りました。

農薬(化学物質)は人のからだを蝕むだけでなく、環境にも影響を及ぼします。

「水はいのちの源。水の動きに注意をしなさい」
と先生が子供たちに伝える場面は、印象的でした。
とても深いところを伝えているなあ、と。
日本だったら、「水は貴重な資源。使いすぎに注意しましょう。」
というぐらいではないのかな。

学校給食にオーガニックを、という試みなので、
学校で子供たちも、作物を育てたり、成長記録をとったりして食べ物について
学んでいきます。
そして、環境に対して、「人のせいにしている場合じゃない 自分からやらなきゃ」
と合唱する歌は、ロック!うーん、フランスの子供たちはカッコイイナア!


土や水、食べ物や空気…。
今、健やかな場所って地球上であるのかしら??
そんなことを考えてしまう映画でした。


それから、お菓子の中の添加物では、ぜん息を促進させるものもあるとのこと。
やや、思い当たるフシあり。

アレルギー体質は、からだだけでなく摂取する食べ物にもよるのだ、
と改めて、パッケージの裏をみてみたりするのだ。


(*農薬や科学物質も大事な働きをするので全否定はしませんが、
いい面と悪い面を「知る」「知ろうとする」ことは大事だと思います。)
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-24 23:50 | 本やART

ゆで豚をつくる

e0192203_022368.jpg


e0192203_031181.jpg



「神奈川食のコーディネーター ラ・ターブル」の活動に参加して約半年。

ようやく、金曜に料理講習のアシスタントをすることになり、
今日はその練習です。

メニューは、
豚ブロックのゆで豚、豚とやさいのマリネ、ゆで汁をつかった根菜スープ、
それと本来ならほうれんそうとしめじの和え物と、ごはんは黒米ごはんがつきます。

上の写真はマリネ。
これは、パンにはさんでもおいしい!

下の写真中央のゆで豚は、どーんと大皿に盛り付けると華やかです。

めずらしく、調味料をきっちり計り、手順を確認しながらやったので
やや時間オーバーでしたが、当日のイメージはできてきました。
とはいえ、当日は調理をするというよりは、参加者がスムーズに
調理できるように気を配るほうが中心なので気が楽かもしれないですが、
どんなことが起こるかわからないのでドキドキです。
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-24 00:15 | たべもののこと

アイスのトッピング

e0192203_012748.jpg

豊田市美術館のレストランででてきたアイス。

「お好みで、塩・胡椒・オリーブオイルをかけてお召し上がりください。」

といわれました。


正直、「デザートに調味料??」と思いましたが、ひと通りTRY。


一番合うのは、塩でした。 みなさんもオタメシアレ。
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-21 00:06 | たべもののこと

ジンジャー

e0192203_0323129.jpg


昨日、お客様からいただきました!  

花のエネルギーはすごいですね。

香りも個性がありながら、つぼみがどんどん開いてゆきます。

花があるのとないのとでは、部屋の雰囲気が変わりますね☆
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-19 00:36 | ちいさいコトですが
初めての方のためのお試しキャンペーンを9月末日までやっています。

寒くなってからだが硬くなる前に、ご自身のバランスをチェックし、筋・筋膜療法を試してみませんか?


お試しメニューは↓↓


バランスチェック+気になる部分(1~2ヶ所)の調整 … 約30分 1500円
(女性限定メニューです)


お問合せ・ご予約は、HP http://www15.ocn.ne.jp/~kogomi/
よりメールでお願いいたします。
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-13 23:06 | お知らせ

混んでた!

めずらしく、平日の夜(いわゆる仕事帰りタイム)に
横浜ルミネへ。
エスカレーターを上がってびっくり!

なんと渋滞してるではないですか!


そして、本屋さんへ。


・・・・・・ここでもレジ待ち行列中!


何?何があったんだ?
最近の、「仕事帰り」ってこんななんですかね。
ビビッて、探す本も忘れてすぐさま引き返しそうになりました。

読書離れとか、インターネット購入とか、言われてますけど
まだまだみんな、こんなに本屋さんで本を買うのね。

しかし、本屋がこんなに混んでると落ち着かないナァ・・・・・。
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-10 23:52 | ちいさいコトですが

『コンチキ号漂流記』

やっと、読みました!
本来ならば、子供の時に出会う本なのだろうなあ。

大学のときの後輩が「愛読書」に挙げていたので名前だけは
知ってましたが、カヌーやハワイのホクレア号についての本を
読んでいるうちに再浮上。

こないだ図書館にいった折に、借りてきました。

コンチキというのは、インカの白人の王の名前。
太陽のチキ。
ある部族に襲われ、海を渡って西へすがたを消してしまった、
という伝説があるそうです。

著者のハイエルダールは、ポリネシアの人々がどこからきたのか
に興味を持ち、この伝説のコンチキ達が海を渡って移住したのでは?
という仮説を立てます。

しかし、他の学者は一笑して、
「だったら君が(その時代の)イカダで海をわたってごらんよ」
といわれてしまうのです。

そこで、「では行ってみよう」と思うところが、すごい。

そして、仲間を集め、準備をし、いかだを作り、海へ乗り出すのです。
本の中では、どうやって材料となるバルサを確保するかから始まり、
海での生活(仲間との仕事分担や水・食事など)や、いかだに寄ってくる
サメやシイラ・トビウオなどの生きものの様子、また島へ近づいたときに
どうやって上陸するかなど、細かく書かれており、怖さと素晴らしさが
共存する海の世界を感じることができます。

そして、たどりついたポリネシアの人々は彼らを温かく迎え、
ひとりひとりに、その土地の者としての名前を授けます。

そして別れのときには
「…あなたがたが、またとおい国へいってしまっても、
おたがいの心の中で、いつもいっしょにくらせるように、
わたしたちと思い出をわけあってください…」
という歌とともに見送られます。

遠く異なった土地でも、共有するなにかを持っていたり、
とても親しくなれる部分があるというのはステキなことだ。
それがあるから、人はあちこち旅をするのだろう。

こんな大それたものでなくてもいいけど、
「海を舟(カヌーでいいんだけど)で渡る旅」
をしてみたいなあ。

『コンチキ号漂流記』 ハイエルダール著 神宮輝夫訳
偕成社文庫 1976
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-09 22:37 | 本やART

団体さん

昨日の夜、突然、羽蟻の大群が我が家に押し寄せました。

どこから発生したのだろう??と台所を見渡していたら、
ちょうど来ていた友人が、
「家の中じゃなくて、明かりに寄って来てるよ。
換気扇からはいってきたのじゃないかなあ。」
と。

よくみると、台所の窓と網戸の隙間にびっちり。。。
両隣の家の窓はいたって静か。
どうやらウチのみの「来客」です。

換気扇を止め、台所の外・中の明かりを消し、蚊取り線香を焚いて、
いざ撲滅。
ちょっとかわいそうですが、居間の部屋の明かりだけはつけて、
地道に叩いて、まとめて、サヨウナラ、です。

今日は、どうやら無事です。

そのかわりといってはなんですが、午後はウチの周辺は、
スズメで賑わってました。
伸びた雑草の間に、バサバサ。
となりの駐車場の木に、ちゅんちゅん。

近寄ると2~30羽いっせいに飛び立ちます。
結構、コワイ。

明日は何がくるのやら??

これって何かの前ぶれじゃあないでしょうね…。
[PR]
by kogomi_dou | 2009-09-02 21:55 | ちいさいコトですが