こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

無事、帰ってきましたー

オーストラリアから昨日、無事戻ってきました。

ワイルドフラワー、たくさん見られました!
南十字座も見てきました!
海でも泳いできました!

あー、とても充実した1週間だったなあ。
1ヶ月くらい滞在していたような気がします。

いろんな景色を見、いろんな方と出会い、
とてもリフレッシュして戻ってきました。

まずは到着の報告まで。

旅の写真はまたブログにアップしますね。
楽しみにしていてください!

[PR]
by kogomi_dou | 2010-10-21 11:34 | お知らせ

臨時休業のお知らせ

突然ですが、臨時休業のお知らせです。

本日10月13日~10月20日まで、研修旅行のため休業いたします。

この間はご予約の返信もできませんので、
みなさまには、ご迷惑をおかけするかと思いますが、ご了承ください。

今回の研修旅行は、オーストラリアの西海岸パース。

南半球は今、春。
花の季節です。

ワイルドフラワーのツアーとアボリジニの伝統儀式「ピットヒーリング」
を受けてくる予定です。

このピットヒーリング、穴に横たわり、ワイルドフラワーを上からかけて行う
アボリジニの再生の儀式だそうです。
この儀式を受けると、「名前を変える」というほど「再生」の意味が強いとのこと。

いやー、どうなるのやらワクワク!

バージョンアップして帰ってくる予定ですので、よろしくお願いします!

[PR]
by kogomi_dou | 2010-10-13 10:13 | お知らせ
昨日、聖路加看護大学を会場として開催された
アーユルヴェーダフォーラムへ行ってきました!

基調講演は、「ケアに生かすアーユルヴェーダ」。
アーユルヴェーダとは何か、医療の現場や日常にどう使えるかなど
短時間ながらわかりやすく楽しい講演でした。

中でも印象的だったのは、
アーユルヴェーダは、「健康な人のための健康の維持・増進」「病気の予防」
「副作用がなく安全で自然で効果的な疾病の癒し」の3つの目的を持つということ。
これは、WHOの「肉体的健康だけでなく、社会的、精神的、霊的な健康」という
定義とよく似ているそうなのです。

そして、
アーユルとは「命」
ヴェーダとは「化学・知識・智慧」

古くから受け継がれてきた、命に対する智慧。
それは、一部の医療者のものではなく、みんなが共有する
いわば「おばあちゃんの智慧」みたいなものなのですね。

体質をみるとか、食べ物のこととか深く学べば、深いのですが、
知っているとちょっとした病気の予防や人とのコミュニケーションにも使えます。

会場にはオイルケアやスパイスに関するブースもあり
目移りしちゃいました。

e0192203_1749411.jpgこちらはLUNCH!
厚揚げのカレー仕立てやほうれん草とお豆のサラダなど。
スパイスの効いたアーユルヴェーダランチです。
日本人の味覚にもすんなりなじむオイシサ!!
もちろんお肉は入ってません。
食前の生姜のスライスや食後のフェンネルもついてました。
これらも消化を助けるため。
アーユルヴェーダでは、アグニ(消化の火)が大事。
消化・吸収が代謝につながり、からだをつくっていくのです。

ほんと、食べ物は基本ですね。

今度は、アーユルヴェーダのケアも受けてみたい!と思いました。

[PR]
by kogomi_dou | 2010-10-11 17:54 | からだのこと

待つことも大事なのです

前に、お腹の中で赤ちゃんがクルッと回った方のお話を書きましたが、
無事出産されたとのことでご連絡をいただきました!

今回は、産後のからだケアです。

出産後のケアは、開いた骨盤が上手く締まるようにお手伝いするケア。
とはいえ、「産後3週間はゆっくり休んだほうがよい」
と昔からいわれているように、なにもしないことも大事です。

お乳をあげると子宮の収縮も促されるので、それにつれて骨盤も
締まってくるはず。。。
なのですが、出産は大仕事なので、腰や股関節・恥骨などにも
痛みが出やすくなったりします。
そこで、骨盤周りや足の筋肉のバランス調整が大事になってくるのです。
とはいえ、ここは筋・筋膜療法。
あまり大きく動かさずにそっと触れながら調整していきます。

お乳の出に関しては、鎖骨や肋骨のねじれを見たりもしていますね。


産後を少しでもラクにするためのからだのケアは大事ではないかと思います。
痛みがあるままの育児は大変ですよね!
もっと受けていただける方が増えるといいなあと思っています。
こちらもお母さんと赤ちゃんの「しあわせオーラ」をいただいての施術。
何回か伺うと赤ちゃんの成長ぶりも見られてなかなかうれしい気持になります。

[PR]
by kogomi_dou | 2010-10-07 21:31 | お手あて

受けてみる

筋・筋膜療法を一緒に学んだ友達と、「こごみ堂」で情報交換会をしました!

約月1回、仕事を通して発見したことや最近読んだ本、注目している事柄の
「思いの丈を話す!」という会です。
ただのおしゃべり、といってしまえばそれまでなのですが、
人に話すことで自分の中でまとまってきたり、共感したり、
自分とは違う視点からの見方に「!」と思ったり。。。
なかなか刺激になるよい会です。

今回は、話プラス「お互いの施術を受ける」というのも久しぶりにやりました。

自分のメンテナンスは、基本、自分で勉強も兼ねて…、ということが
多いのですが、なかなかじっくりできないことも。
どこかに行って、施術を受けることも勉強のひとつと思っても
なかなかどこへ行こうか悩むところもあり。
(「どこへ行ったらいいか?」の悩みは、お客様も同じですよね。)

こういうとき、同じ志を持った仲間だと安心です。
今回、久しぶりに受けてみて、
一箇所を細かく調整しているのに、からだの中の薄い膜(この感覚が筋膜なのかな?)
がふわーっと動いて広がるのを感じました。
背中が固いと思っていたのは、筋肉や背骨じゃなくて、背中を包んでいた膜だったのか?
でもそこが広がるとからだがほわーっと温かくなるのですね。
改めて、からだって絶妙なバランスでできているのだということを感じました。

また、友達を施術してみても、
「からだのことをやっている人は反応が速いしはっきりしている」
と感じました。
ポイントがはっきりわかって、それが変化につながるのは面白いです。
からだを使いなれていると、「どこをどう動かすと、こう動く」という回路が
多くできているし、たとえ自分の「回路」にない動きでも、すばやく対応できるようです。
この回路が少ないと「動きが悪い」とか、同じ回路ばかりになると「からだのクセ」に
つながるのではないかと思っています。


人間の骨が約200個でできているのに比べて、筋肉はその倍のおよそ400種だそうです。
この筋肉が細かく動けるとそこに沿ってある神経も随分伝達がよくなるのでないかな。


からだが動くと思考も動く。


そんな実のある勉強会でした。

[PR]
by kogomi_dou | 2010-10-05 10:01 | お手あて

時をみる

原美術館で行われている「崔在銀 展 ~アショカの森」を見てきました。

アショカの森とは、古代インドの皇帝アショカ王が国民に「提唱した」といわれる「森」。

国民ひとりひとりが5本の樹を上、それを森として見守る。
5本の樹とは、
薬効のある樹、果実のなる樹、燃料になる樹、家を建てる樹、そして花を咲かせる樹。
(展覧会チラシより)

美術館の中にどんな森が出現しているのか、気になってみてきました。

見る前に印象的だった「アショカの5本の樹」というのは、
見ている間はすっかりと忘れて、
移り行く樹の肌の模様や、露、そして、切り取られた朝もやの空間など、
いつもより、密度の濃い時間の中に放り込まれた気分になりました。

中でも気に入ったのが、「flows」という作品。
額におさまった樹は一枚のモノクロの写真のよう。
しかし、よく見ると木々の葉は揺れ、日の影はどんどん暗くなり、
そのうち樹さえも暗闇と同化してしまう。
しかし、また日が昇り明るくなってくると少しずつ、樹の影が浮かび上がる。
その変化の最中に、暗くなるときには見えなかった「人影」のようなものが
見えたり、その影が「別の人」になったり。

「見る」ということを楽しむ、
そして、「闇」の恐ろしさ、「光」のありがたさも感じられるものでした。

「影が人の形に見える」って最近体験してなかったな。
それだけ、「見えないもの」って身近でなくなってしまったのかもしれませんね。

[PR]
by kogomi_dou | 2010-10-04 10:46 | 本やART

終了間近です

陽射しが気持のいい朝です!

いよいよ「お試しキャンペーン」も10月5日までです。
気になっていた方、お早めに!

バランスチェック+1~2ヶ所の調整→→1500円!!

ご興味のあるかたはこごみ堂HPよりメールでお問合せください。

[PR]
by kogomi_dou | 2010-10-02 09:41 | お知らせ