こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

こんにちは001.gif
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。

先日、「だっことおんぶの専門店 北極しろくま堂」の園田社長の
「だっことおんぶの講習会」に参加させていただきました。

「なぜだっこやおんぶをするの?」というところから、
世界のだっこやおんぶの仕方、発達のこと、
そしてだっこ・おんぶの実践まで、盛りだくさんのシアワセな1日でした。

特に印象に残ったのは、だっこやおんぶには、
移動させるものであると同時に
コミュニケーションをとるものである、ということ。

今はいろんな抱っこやおんぶの商品がありますが、
この二つをちょっと頭にいれながら選ぶといいかもしれないですよね。

お母さんもお子さんも「気持ちイイ」「安心する」こと、
これが一番なのだと思います。

では、どうしたらそういう状態になれるのか?
まずは密着感。
くっついて、包み込まれることで人は安心します。
そして赤ちゃんの場合は両足が開いて膝が曲がった状態を作り出せること。
特に日本人は股関節脱臼をおこしやすいとのことなので、
だっこやおんぶのときに足がまっすぐにならないほうがよいとのこと。
おんぶのときや、「抱き着く」ときって足を開きますよね?
あんな感じです。
あとは、まあるくなれること。
生まれたばかりの赤ちゃんの背中はCカーブを描いています。
成長により、背骨はCからS字カーブへと変化していきますが、
ほっとするときに人はからだをくるんとまるめます。
(*だっこやおんぶに関しては、いろんな考えがあります。
上記のものとは違う視点のものもあります。
今回、園田さんのお話を聞いて私が「ここは大事だな」と思った部分を
書かせていただきました。)

それをサポートしてくれるのは、変幻自在の布。
一枚の布に近いほど扱いはムズカシイですが、慣れるといろんな状況に対応できます。

人が「なぐさめられる」と感じるものは
ひとつは「」であり、
もうひとつは「」である、というお話もありました。

うーん、深いです。
「肌」は家族間でなんとかなりそうですが、
「布」も選ぶものによってずいぶんと感じ方が変わるようです。


さて、そして実習です!
今回は、スリングと兵児帯のだっことおんぶの仕方を教えていただきました!

e0192203_1433159.jpg
スリング着用中のところです。


赤ちゃんを布の部分に座らせるのですが、
布をおしりから背中にかぶせてから、
おろすやり方を実践中。


e0192203_14411019.jpg

こんな感じにおさまります。
(今回はお人形さんで練習です。)

頭の据わっていない赤ちゃんには
スリングの余った布を折り返してヘッドレストにする
方法も教わりました。

やー、布って便利だわ。

兵児帯の実習写真はちょっと撮りそびれてしまいました××。
こちらの密着度も抜群でした!

おんぶも布1本でできちゃいます。

子どもの頃、おんぶで育った私としては、
背中からみる風景というのも印象深いです。
おぶっているうちに、子どもが親のやっていることを覚えたりもします。

おんぶで育つ1歳児が、お湯が沸いたことや
水を流しっぱなしにしていることを教えるというハナシに受講者一同感動!

小さくても何回もみるとわかるんですね。


子育ては、いつもくっついているワケではないかと思いますが、
くっついているときに感じていることが、
離れているときにも関係してくると思うのですね。

ぜひ、「移動手段」だけでない、だっこやおんぶを楽しんでもらいたいものです!
(たまには「移動」メインのときもあると思いますが!)
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-31 14:56 | 赤ちゃん・子ども

復活!お風呂部

こんにちは。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。

先日の祝日は、1日じっくり太極拳の練習会に参加してきました。
普段なかなか練習に通えていないので、
みっちりできる時間は貴重でもあり、よい気分転換にもなります。

この間は、ずいぶん前に習ったものの確認。
覚えていたはずなのに、すっかり「新たな」気分で習ってきました。

1日からだと頭を使ったので、こんなときは「ゆっくりお風呂!」。
いつもはヘロヘロですぐに帰宅するのですが、
練習場のお近くの銭湯へいってみることにしました。

久しぶりの「お風呂部」、復活です。


e0192203_10591055.jpg

今回行ったのは、北区本郷通り沿いの
「ゑびす湯」さん。

事前にネットで探した銭湯に
行く予定でしたが、偶然発見。

飛鳥山公園の向かいにありました。


e0192203_1144049.jpg

このクラシカルな建物に期待大!です。

案の定、「昔ながらの銭湯」。
入口を入ってすぐ番台。
そして脱衣場。
天井も高く、趣があります。

なんとトイレも天井タンク式。
鎖をひっぱって水を流すトイレなんて
今時めずらしいです。


e0192203_1175719.jpg

水は汲み上げ、薪で沸かしたお風呂、
というところに惹かれました。
お湯はさほど特徴がないような
気がしましたが、
出た後のホカホカ感はかなりのもの。
芯からあったまって、汗がじんわり。
家ではなかなかこうはいきません。

ドライヤー、3分まで無料というのも
うれしいです。

手ぶらセット(タオル販売)150円もあるので
お風呂道具持ってなくてもOKです。


銭湯へいっただけなのに
ちょっとした小旅行気分♪

帰りは飛鳥山を通って、夜桜見物しながら駅に向かいました001.gif
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-22 11:21 | お風呂部

フライパンがやってきた

こんにちは001.gif
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。

食生活改善プロジェクト実施中です。
食べるものには、なんとなく注意を向けるこのごろですが、
それを調理するものも変えていこうかと。

そんなわけで、フッ素加工・テフロン加工のフライパンからの卒業宣言!

使用していたフライパンは、アルミ製の軽いものだったのですが、
加工がはがれてなんだかオソロシイ状態に。
「軽いので扱いがラク」と思いきや、
軽くて薄いので火加減に結構苦戦したフライパンでした。


で、念願の南部鉄器のフライパンに買い替えです★

e0192203_10424528.jpg
(ガス台の色と同化して見にくいですが)

「ならし」をして
卵焼きを焼いてみました。

ふっくら~!
これはおいしくないはずはない!

焼き色もとってもきれいです。

続けて焼いたイワシの開きも
きれいに焼けました。
もちろんお味もGOODです。
ゆっくり、しみじみ味わえます。
ほんと、料理上手になった感じです♪


よく「なんで早く買わなかったんだろう??」というコメントを読んだりしますが、
まさにその感じ、わかりました。

お手入れ必須ですが、
かわいがって育てていこうと思います★
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-19 10:52 | eco活

髪を梳かす

こんにちは。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。

皆さん、髪は何で梳かしていますか?

私は、今まで使っていたプラスチックの折りたたみブラシが
寿命になったので、「みねばり」という材の櫛に変えました。

今までのブラシで困ったこと、
それは静電気!
乾燥した季節になると髪を梳かしているそばから広がってしまいます。

今回の買い替えは静電気対策もひとつの理由ですが、
からだに触れるものの石油製品を少しずつ減らしたい、というのもひとつ。

e0192203_10193786.jpg
こちらが新しくやってきたコです。

みねばりは、
「峰に張り出す」ように生育するということで、
この名がついているとのこと。

材も堅く、狂いも少ない木だそうです。

この櫛で梳くと頭痛にもよいとか!

普段の持ち歩きや旅行にも活躍しそうです♪
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-13 10:27 | eco活

イゴコチのよいカラダへ

ようこそ!
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」店主のまえだです001.gif

「こごみ堂」は、
筋・筋膜療法とクラニオセイクラルセラピーの手法を取り入れた整体と
ストレッチのクラスを行っているサロン
です。


自然に生きるってどういうことだろう?
その人らしく生きるってどうすればいいのだろう?


そのキッカケのひとつとして、カラダと向きあってみませんか?
という提案をさせていただいております。

不調は、カラダからのサイン。
「なにかに気づいてね」ということだと思うのですが、
忙しいとなかなか、(特に)自分のカラダは後回しになりがちですよね。

そこをあえて、「カラダと向き合う時間」「カラダを再発見する時間」を
持っていただきたいのです。

カラダにはいろんな記憶が眠っています。
幼い頃の記憶はもちろん、DNAや細胞が受け継いできた太古の記憶・・・。
そういったものに思いを馳せ、受け取り、癒していけたら、
もっとゆったりと、イゴコチのよいカラダで
生きることができるような気がします。

カラダのケアは、自分自身の記憶を辿る度であると同時に
本来の自分のあり方に気づく旅なのではないかと思っています。

カラダをみつめることで、個々が豊かになり、世界も広がる
そんな風になることを願って、日々活動中です。


こごみ堂HP http://kogomidou.jimdo.com/
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-12 10:21 | こごみ堂とは?
こんばんわ。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。

東日本大震災からはや2年。
この日が近づくのが怖いと感じたここ数日でした。

世間では「忘れかけている」という意見もあるようですが、
個人的には時間が経つにつれて重みをもって感じる出来事です。
軽々しく「ボランティア」ともいいづらい、
かといって何もしないのも心苦しい。
心苦しいけれど、それぞれががんばっていくしかない。
それは、日常を生きる誰にもあてはまるかもしれません。
自分のできることを、自分のやるべきことを地道にひとつづつ。
それが誰かのなにか、明るいものにつながればいいな、と思います。

震災のこと、忘れてはいません。
そのことだけはお伝えしようかと思います。


そんな思いめぐらす1日ではありましたが、
新たに前へ進むために、
HPリニューアルいたしました。

よろしければ、ご覧になってみてください。
http://www15.ocn.ne.jp/~kogomi/

自作HPですので、みにくい点やずれている部分があるかもしれませんが、
ご容赦くださいませ。
(あまりひどいようでしたらご指摘ください。
直せる部分は直してみようと思いますが、できるかな??)


今後とも、こごみ堂をどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-11 22:36 | お知らせ

バターナイフをつくる

こんばんわ。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。

本日、こごみ堂はお休み。
横須賀美術館へ「木のバターナイフをつくろう」のワークショップ参加と
「木のイス展」をみにいってきました。


e0192203_18405638.jpg講師は、横須賀在住で「木のイス展」の
出品作家でもある神永匡崇さん。

ウォールナット、チェリー、山桜、メープル、朴(だったかな?)の5種類から選んでバターナイフをつくります。

おおまかに成形されたものに
デザインをして、カットする線をひき、
カンナと電動イトノコで形を出します。

紙やすりで整え、オイルを塗って完成!

同じテーブルで作業した方々の作品です。
同じ形だったのに、仕上がりは様々!
(ちなみにワタシのは左から2番目です。)



e0192203_18542358.jpgなんと、バターナイフをつくるだけでなく、
「実際にバターを塗ってみよう!」という
おまけつき。

パンとバター、マーマレードがテーブルへ。
こういう心遣いがうれしいですねえ。

木のボードもステキです。

紅茶も出していただいて、
ちょっとしたお茶タイム。

参加された方とのお話もはずみました。



e0192203_191271.jpg
おうちに帰って再度撮影。
バターナイフというより
ペーパーナイフという面持ち??

サンドペーパーをかける際は、
身体感覚的に「仙骨」を意識してみました。
あまりに快調で、削り過ぎてしまいましたが××。

他の方の作品も個性的で
「あんな形もよかったなー」と思ったり。

使い込んだらまた、手入れして削りなおしてみようかとも思います。





e0192203_1972459.jpg「木のイス展」もよかったです。
ポスターにもなっている森谷延雄さんの
「赤の食堂」の肘掛椅子は、大正時代のデザインなのにとってもキュート。
自由学園の生徒用や食堂の椅子も味わい深いです。
日常使いの椅子や折りたたみ椅子に目が惹かれました。
神永さんの作品にも座ることができます!
ワタシはベンチがお気に入りでした。

「木のイス展」は横須賀美術館で4/14まで。
美術館から見える海の風景もなかなかよいです。
裏のお山や、観音崎には日露戦争の砲台跡もあります!(写真)


よい休日でした★
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-10 19:21 | 本やART

なんにでもなれる

こんにちは。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。


e0192203_1053886.jpgおとといいただいた、ローズマリーに
ちっちゃく根が生えてきました。

(下の方が茶色く色が変わり、
その下に白いのが出てるのみえます?)

「ガラスのコップにさしておけばすぐよ!」
と言われた通り、1日でこの変化。

まさに、「細胞はいろんな情報を持っている」
ということを感じさせられます。

葉は葉、茎は茎、根は根、にしかなれない
のではないんですね。
細胞はいろんな情報を持って
臨機応変に対応している。


ヒトのからだもおそらくそうなはず。
何かあっても、変化して対応していくはずと思っていると
どうとでもなるんじゃないかな。


撮影のために、ローズマリー、一時陸揚げしましたが、
またコップに戻しています。

もう少し根がしっかり伸びてきたら、土に植えてあげよう。
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-08 11:03 | ちいさいコトですが
こんにちは。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。


先週末、クラニオのお仲間に少しだけ「お手当て」してもらいました。

春先によく出る首と頭の緊張、それと目のゴロゴロ感。
なんとなく、ゆるみそうでゆるまないもどかしさがしばらく続いていました。

短時間でしたが、
足の甲に手を置かれただけで、じわーんと首や顎に反応が。

後頭部に手を置いてもらうと、さらに背中を通ってからだがゆるむ感覚が。

目の上に手をおいてもらうと、
目がぽかぽかするのに加え、
頭蓋骨の内側の膜がふわーっとゆるんで脳みそがたぷたぷと
浮かんでいるようにも感じました。

おもしろーい!

いつもは当然ながら「お手当て」(施術)する側ですが、
こうして受ける側になるのも、いろんな発見があります。

からだを使っていたり、ものをつくったりする人は、
比較的反応の早い方が多いようです。
そして、それをお伝えしてくれる表現もオモシロかったりします。

どうやってカラダを使っているか、が現れてきたりします。

もちろん、反応が遅くても心配ご無用です。
流れがよくなると、なにかしら「あれ?」と思うところがでてきます。


おかげ様で、目もアタマや首筋もすっきりです♪

ありがたい、ありがたい。
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-06 11:00 | お手あて
こんにちは。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」 まえだです。

気がついたら、春。
陽射しもやわらかく、梅などの花もちらほらみかけるようになりました。
花粉症もそろそろ大変な季節ですが、みなさんお変わりありませんか?
冬から春へからだがうまくゆるまないと、アレルギー等の症状もでやすくなります。
たまには、からだを休めにいらしてくださいね♪


~3月のお知らせ~

★今月のお休み
 3/7(木) 3/10(日) 3/24(日)

★新宿 サロン・ド・ソロラでも施術が受けられます
   新宿駅より徒歩8分、大久保駅より徒歩3分の便利な場所♪
   お仕事帰り、お買い物ついでにぜひどうぞ!
   (ご予約はできれば2日前までにお問合せください。)

★ストレッチ講座 
  ○ボディクルック 3/13(水) 3/27(水) 19時~20時 3000円
   自然素材を使った空間でゆったりストレッチ♪
   こわばったからだを気持ちよく伸ばしましょう!
   ご予約は直接ボディクルック 03-6300-5191 まで。
   (代々木駅徒歩1分、代々木VILLAGE内 *単発受講OK)

  ○Umiのいえ 3/3(日) 10:30~12:00 1500円(ご夫婦2500円)
   子連れ・妊婦さんOKなクラスです。
   畳のお部屋でお子さんを遊ばせながらリラックス&リフレッシュ!
   ご家族連れでどうぞ!(お弁当持参でゆっくりできます)
   ストレッチの後に施術(30分)のご予約もできます!さらにゆるみます!!!
   ご予約 Umiのいえ 045-324-8737

★その他
   月末にスリング・兵児帯の使い方の講習会に参加する予定です!
   だっこやおんぶのことについても、少しお伝えできるようになれるといいな、
   と思っています。
      

   

** 今月も素敵な出会いのある月でありますように **
[PR]
by kogomi_dou | 2013-03-02 12:48 | お知らせ