こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

戻ってくるには時間がかかる

今、週に3回、ダンスの稽古に通っています。

1月末に本番があるので、毎回密度の濃い練習になってきました。
振付はもちろんのこと、どういう空間に入っていくのか、
どんな「モノ」のように、私たちはソコにあるのか。
今更ながら、イメージ力とそれをからだで表現することの
大切さや難しさ、面白さを感じます。

ここ10年続けている「民俗芸能」は、形(振付)がすでに決まっているもの。
しかし、その形をとれば、自然とそこからその芸能の持っている
なにものかが沸きあがってくる。
しかし、感情を込めたり、うまく踊ろうと思うと「それ」は消えてしまう。
シンプルに淡々とそれでいて自然に熱が入ってくると、「そのもの」は
やってくる。


「創作」と「芸能」って、逆のプロセスであるかもしれない。
「気持ち」(イメージ?)から「形」を生み出すのか。
「形」から「気持ち」(イメージ?)が生まれるのか。


でも、「芸能」もその「形」を見出すまでは、いろいろ試行錯誤があったかもしれないし、
時代とともに変化している部分もあるかもしれない。


今は、その「形」を見つけるために、まだ彷徨っている状態。
それがみつかれば、どの地平に立てるのか開けてくるような気がする。
(ひょっとしたらイメージがつかまえられれば、形がついてくるかもしれない。)

どちらにせよ、稽古の間は日常と違った意識で過ごすこととなる。

深く入れば入るほど、日常に戻るにも時間がかかる。
寝ても覚めても「夢の続き」のような感じで、なかなかすぐに
パキパキと仕事ができるような状態にならない。

普段でさえ時間がかかるのに、更に「稼働時間」が短くなっているこの頃です(汗)。


そうはいってもなかなかできない体験なので、居ながらにして、「旅をする」ことを
楽しもうと思っています。


○公演情報↓↓

ケイタケイ’sムービングアース・オリエントスフィア
LIGHT,Part32 「時空に墜ちる者たち」(新作) 

座・高円寺1 (高円寺駅北口を右へ、徒歩5分)
1月29日(19時30分)、30日(14時・19時30分)、31日(14時)
前売:3000円 当日:3500円
予約: マルメロ 03-5627-7583
    e+(イープラス) http://eplus.jp/sys/main.jsp
[PR]
by kogomi_dou | 2010-01-13 11:23 | からだのこと