こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

からだが歌っている

12日まで行われていた、「大野一雄フェスティバル2010」の展示を見に、
横浜は馬車道の埠頭にあるBankART行ってきました。

大野一雄氏は今年6月に103歳で亡くなった日本の舞踏家。
90歳半ばくらいのときに、車椅子で踊っている姿を拝見しましたが、
手の動きと顔の表情だけでも、とても伝わってくるものありました。
からだから踊りが滲み出てくる感じ。

なかなか、創作舞踊で感動することって少ないのですが、
(もちろん、いいなあ、すごいなあと思うことは多々あります)
大野さんの踊りはどこかで、「ああ、よかったなあ」と
心が温まったり、「すごい」と思う瞬間必ずがあるのです。

会場では、写真とともに沢山のDVD上映も行われていました。
赤レンガ倉庫で行われた「御殿、空を飛ぶ」の踊りはすごかった。
広い空間に、エネルギッシュに踊る姿。
多分、あまりみられない挑戦的な強さ。
そして、ダニエル・シュミット監督の映像もやはり好きです。
(タイトルを忘れてしまった)
映画館でも何度か見に行ったはずなのに、
湾岸の水面を蹴って踊る姿や、夜景をバックに踊るステップに
つい、ひき込まれてしまう。


なにがそんなに惹かれてしまうのだろう??


それは、多分、からだから沸いてくる音楽があるからなのだ。
外の要因によって踊らさせるのでなく、
外の要因から誘発された音楽がからだのなかから流れてくる。
そのリズムやメロディーにのると、自然にからだが動くという感じ?

そして音楽は感情も連れてやってくる。

踊りによって生まれた、楽しさや喜び、悲しさやもどかしさは
見る側にもさざなみのように伝わってくる。



ああ、そんな風に踊れたらいいな、と思う。

[PR]
by kogomi_dou | 2010-12-14 23:51 | 本やART