こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

なにがおこるのか。。。

舞台が終わって、数日経ちました。

「そろそろ現実に戻ってきた?」

と聞かれたりもしますが、日常のチカラは強いもので、
しっかり、会議や仕事やバイトなどに出かけています。


なにか「揺さぶられるモノ」があるときに、
仕事とかとってもシビアに「現実」なものがあると
実はすごく助けられます。

落ち込んだときに、家で閉じこもっていると
どんどんドツボにはまっていきますが、
仕事や用事で出かけたりすると、意外と別の見方ができたりするように。


今回は、本番2~3日前は、ずっと夢見が悪い状態でした。
「緊張して眠れない」というのはほとんどないのですが、
いろんな夢を経過して本番を迎えました。


「踊っている間はなにか、感情が湧き起こったりするの?」

と今日会った人に聞かれ、そういえば、踊っているときに
感情が満ちてきたりすることは、私はあまりないなあ、と。

どちらかというと、別の世界を「生きている」感じ。
自分であって自分でない感じがいつもしています。

そして、しばらく経って、
感情は揺さぶられないけど、記憶は揺さぶられるかも、
と思いました。


今回一緒に参加した一人が、

「ケイさんの作品をみると、子供の頃の思い出がよみがえって
涙がでてくるの」

というのを聞いて、
ううむ、感受性が強いなあ
と思ったものですが、

そこまでいかないにしても、
なんだか、古い記憶の扉をコンコンと叩かれているような
気はするのかもしれません。

「なんで踊るのか?」
と問われると自分でもわからないし、
特に「踊りたいものがある!」と切望してもないのだけれど、
なんだか、その「古い記憶」が関係しているのかもしれない。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-02-17 19:46 | 考えてみた