こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おなかは大事

こないだの記事の「花粉症」もそうですが、
腸内環境を整えることはからだにとって大切。


インドのアーユルヴェーダでもまず、
「消化の火」をきちんと燃やすこと
(不完全燃焼になったり、燃えすぎたりしない)
が大事、と書かれています。


そしてこないだ読んだ本
『アボリジニの世界 ドリームタイムと始まりの声』
(ロバート・ローラー 青土社 2003)


にも、古くからアボリジニの男性は、
「ヘソの奥指4本分の位置にある霊的中枢に意識を集中させていた。」
と書かれていました。


「ここから放射される霊力は時空の制約をいっさいうけずに、
癒しや死や知識をもたらしたり、思考を伝えるとされた。」


かなり奥が深い世界です。


しかし、おへそのあたりにある臓器は小腸。
消化・吸収する働きを持っています。

これは、「食べ物」を消化・吸収するだけでなく、
思考や人間関係など、あらゆるものの「消化・吸収」に
つながることなのではないかと思われます。


そして、そのおなかの状態は皮膚にも表れます。

おなかが弱っていると、しっしんやじんましんが出やすくなります。
口内炎なども。


そういうときは、
「ああ、自分にとってなにか受入れ難いものがあるのかもしれない」
と振り返ってみるようにしています。


からだって正直なもので、
色々自分が「揺れて」いたりすると
どこかに表れてきます。


おなかの調子がさほど悪くなくても
食べすぎたり、飲みすぎたり、姿勢が悪くなったりも
おなかの力が抜けてしまっているために起こることもあります。


おなかに着目すると自分との向き合い方がわかるかもしれませんね。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-02-28 10:54 | からだのこと