こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

まずは心を落ち着けて

連日の地震報道、心が痛みます。
今日は、気温も下がるとのこと。被災地の方のお体が心配です。


みなさんの回りは大丈夫でしたでしょうか?

11日、私は伊豆で合宿をしていて、
練習場所の体育館にいたのですが、長いこと
地面や天井の照明が揺れ、外では街灯や木々も
枝を揺らしており、不安を感じました。

昨日、スーパーに水と非常食を買出しにいったのですが、
店内は開店直後というのに、人の山。
そして、水やパン、レトルト食品など多くの棚はからっぽ。
停電対策用の電池もほとんど売り切れ状態。

驚きました。

何があるかわからない不安もありますが、
こういうときこそ冷静な判断が必要になりますね。
必要以上に、買い込んでいないか。でも、不足していないか。
必要なもの・そうでないもの、あとからなんとかなりそうなもの、
瞬時に判断して、みんなが手にいれやすい状態が望ましい。
こちらが買いすぎると、被災地に回す分は大丈夫なのだろうか、
という気がかりもあります。


まずは、自分でなんとかできるところは自分で。
(食料・水などの確保、節電)


また、たくさんの情報にまどわされない。
(基本生活はシンプルに。交通情報と停電情報、また
余震や原発の情報や警報・注意報)


それから、食べ物は「非常食」となるとレトルトやインスタント食品が
多くなりがちです。
それよりも、ドライフルーツやナッツ、昆布や小魚、干芋や干柿、漬物などが
あればよりいいのではないかと思います。
発酵食品はおなかにもいいし、果物や野菜は乾燥させたほうが栄養が高まる
ともいわれます。
また、食物繊維も体の毒素を出すのに役立ちます。
ちなみに、私、花粉症のせいかわかりませんが、キャベツや小魚、シソ昆布が
やけに「美味い」と感じるこのごろ。
整腸作用や、カルシウムが必要ってことですかね。。。。

被災地の方はトイレの心配もあるかと思いますが、
おなかの状態は健康のバロメーター。
うまく循環させてあげたほうがいいのですが。。。

とにかく被災地の水周りの整備をお願いしたいですね。


ネットなどでいろんな被災地への励ましがあります。
こういったものが早く現地に届いて、力になればいいなと願っています。


そうそう、話は変わりますが、今朝はやけに静かです。
鴉が飛んでいない。(と書いたところで一声鳴いていましたが)
この感じ、「皆既日食」の時のよう。
動物たちのほうが異変を感じるのが早いのでしょうね。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-03-15 11:00 | 本やART