こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

みえないものを

天気のことについて興味がでてきたので、
最近少し本を読んでいます。

小中学校の理科の知識が必要になってくるのだけど、
案外と覚えていなくて、思い出しつつの作業。

あまり理解できているとはいえないものの、面白いです。

高気圧・低気圧・偏西風など
忘れていたものの、そういったしくみが、実際の「天気」や
風となって表れてくるのだということ。

「とらえにくい」ものではあるけれど、
気圧のあり方や風の流れ方、地形などで
ある程度は「読める」ものであるということ。


からだの「読み方」と似ています。

症状は様々だけれど、筋肉のつきかたとか、血管の流れとか
表からみえない内側を想定しながら、からだを「読んで」いきます。


うまく「道しるべ」をみつけられると、「いい線」までは読み取れる、
と思います。


でも、確実に不確かな部分もあるわけで。
それを忘れてはいけないのだとも思います。

その部分に「驚き」が隠されているように思えるのです。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-04-22 23:30 | 考えてみた