こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

本日5周年!

のんびりとした5周年の日です。

ご飯を食べて、洗濯をして。
そんな当たり前の日常があって、仕事も、という感じです。

とにかく続けられていることに、感謝。



さて、最近、どんなふうに施術を組み立てているかというお話をしましょう。

基本的には変わっていませんが、

1.まず症状を聞く
2.症状周辺の状態を確認
3.症状の元となっているような、バランスの崩れを整えていく
4.全体のバランスを整える

という流れです。


症状の場所やその人の状態により、うつ伏せから始めるか仰向けから始めるかも異なりますが、
よりスムーズにリラックスできるような流れを心掛けています。


施術の際は、こちらが思うように行うだけでなく、
その人のからだの状態をうまくキャッチしていかないと、
いい方向には向かいません。

そこで、もう一つ心掛けているのは、
深くリラックスし、(半分でもいいので)眠った状態になっていただくこと。

このような状態(トランス 変性意識 の状態)では、
「変化」が起こりやすいとも言われているので、
からだのバランスも整えやすくなると思っています。

また、この状態でなかなか整わない場合は、じっくり取り組む必要のある箇所
というようにも考えたりします。


と、こんな風に考えながら日々施術しているのですが、
最近よくお客様にお伝えするのは、
「決めるのは自分自身だ」ということ。


こちらは、よいと思うものを提供したり提案したりするけれど、
それを選ぶのはお客様次第なのだということ。


整体は、医術のように「なにかをよくする」ためのものではないので、
「自分はこれでOK」と思えば、来る必要はなくなるわけです。

もちろん、「よい方向に向かうようにする」というのが整体のあり方なのですが、
それが「病気や症状を治す」ということを目的にしているのではなくて、
自分のからだについて知る、きっかけ作りのほうが大きいと思います。
自分のからだを知ると、うまく自分で無理をしない調節ができてきたりします。
そうするとからだがラクになってきたりするのですね。


「自分のからだにきく」ことができる。

それがまずは大事なことかな、と思っています。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-05-03 13:39 | 和のお手当て(クラニオ)