こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

上と下

今日は「母の日」。
天気もいいことですし、なんだか気持ちも明るくなる日曜日です。


そしてGWもいよいよ終わり。
めずらしく、ゆったりと過ごしたので名残惜しい気もします。

休みの合間に仕事をしていたような??
いやいや、それでもよしということで。


4月後半から5月にかけては、がっくりとからだの疲れがでることが多いようです。
今年は、震災や原発問題、また天気も落ち着かない春だったせいか、
疲れが残りやすいという声をよく聞きました。

最近、目立っていたのは、上半身と下半身のねじれ。
特に、腰は右、胸は左にねじれている方が多かったです。

おなかもしくは腰に力がなくてねじれが起きていたり、
足の指の踏込みが弱いために足のバランスが崩れて腰→上半身とねじれている方も
いらっしゃいました。
足元がしっかりしていることって大事ですね。

あとは、緊張したり不安を感じたりすると心臓を守るようにからだがねじれることも
あるようです。
右手を使いすぎてもなるので要注意。


上半身と下半身が別方向を向いたままだと、からだの統一性も落ちてきます。
気持ちや思考がまとまらないのは、からだがバラバラなことも一因かもしれません。


自分でできることとすれば、
まずは「からだひねり」でしょうか。

太極拳や気功のスワイショウのように、
腕の力を抜いて、からだを左右にひねります。
腕がデンデン太鼓のようにからだにまきつくような感じがいいですね。
50回以上呼吸を使いながら続けると、上半身と下半身のバラバラ感がなくなると思います。


また、「脇腹そらし」もおススメですね。
片腕を上げ、脇腹を思いっきり伸ばします。
左右を繰り返すとスッキリしますよ。



それから、背中の中央部分が固いかたも多かったです。
ちょうど、横隔膜のラインですね。
猫背気味になって、呼吸が浅くなるとこの部分が固まってきます。
背中が固いと睡眠にも影響するので、疲れがとれにくくなるようです。


その場合も上記の動きが効果的ですので、やってみてくださいね。

[PR]
by kogomi_dou | 2011-05-08 12:52 | 和のお手当て(クラニオ)