こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

集中と拡散

こんにちは!
横浜・妙蓮寺にあるちいさな整体院「こごみ堂」 店主のまえだです001.gif

ここのところお仕事もしていますが、
踊りの習作展に向けての練習もしています。

そのことで必要なのは、まず集中する時間。
自分が何をしたいのかを見つける作業から始まります。

それと同時に、からだを動かして「動き」を見つけていきます。

集中しすぎると「動き」が生まれてこないし、
「動き」ばかりにとらわれてしまうと、なんだか何をしたかったのかが
どこかに飛んで行ってしまいます。

その微妙なバランスが大事。


でも、それって踊りに関わらずあらゆる面でもそうですよね。


先日参加した、須永晃仁和尚の「望診法」講座での
陰陽のお話でもそうでした。

「陰」は拡散・遠心力
「陽」は収縮・求心力


どちらだけでもうまくいかない、
両方あることでバランスを取り合っている、とのこと。

例えば、陰性に傾いているからといって、陽性のものばかり取っていると
今度は陽性に傾いてしまう。

「〇〇に××がいい」
といってそればかり食べていてはよくない、というのは
そういうことでもあるんですね。

では、どこで行き過ぎを判断するかというと
食べ物だと「おいしい」と思えるかどうか、がまず基本。
その他は「心地よい」と思えるかどうか。
でしょうか。

そのためには頭で考えずにからだで感じるチカラのほうが大事。

だからといって、その地点にどーんと落ち着いてしまっていても
よろしくないようです。

水の流れのように、止まっているようでも動きつづけている。

それが、生命などの「エネルギー」のありようなのでしょうね。
[PR]
by kogomi_dou | 2012-06-27 11:39 | 考えてみた