こごみ堂ノオト☆vol.2 kogomidou.exblog.jp

ここちよいカラダ、ココロ、暮らし


by コゴミ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:からだのこと( 95 )

親指の痛み

こんばんは🌝
めずらしく連投です!

自分のメモ兼ねて書かせていただきます。


今日は、
「親指CM関節症」と診断された知人にお手当て。
(といっても筋膜療法を使ったバランス調整が主でしたが)

親指の付け根の痛みだけでなく
肩から首、目までも辛いとのこと。

指のねじれと手首・肘のバランスを整えつつ
肩甲骨の内側のコリにアプローチ。

お疲れが溜まっていたようなので
少々お時間かかりましたが、
首の痛みが減り、
手もだいぶ痛みなく広がりました。

日々のお仕事で手を使うので
手首の角度や肘を冷やさないようになど
アドバイスさせていただきました。


お手当て(整体)は
「治療」という視点ではなく
痛みや不調をきっかけに
からだのバランスや流れを見なおしてみる
という視点でしょうか。


少しでもお楽になる
お手伝いができれば幸いです。





[PR]
by kogomi_dou | 2018-07-06 20:21 | からだのこと

歯のこと

こんにちは🌞
小田原 お手当て&手しごと こごみ堂 まえだです


お手当てでいろんな方に
触れさせていただきますが
自分のことは
わかっているようで
わかっていなくて


今、歯医者に通っているのですが
歯磨きのやり方を変えただけで
歯の感じが変わったり(!)
噛み合わせも調整中で
いろいろ変化を感じています


「噛み締め強くて下の前歯がすり減ってますよー」
とか
「下顎が左にずれてますよー」
とか


このぐらい圧がかかっていると
顎に痛みなどを感じるそうですが
気にしたことなかった。。。



調整が始まって1ヶ月くらい経って
ようやく
折毎に
ぎゅーっと歯に力が入って
噛み締めてることがあるのがわかってきました


気が上がりやすいほうじゃないはずだけど
その噛み締めの瞬間は
キュッとからだが縮こまって
お腹の力が抜けている


このお口の状態が変化したら
また違う景色が見れそうで
たのしみ


ゆっくり
ゆっくり
新しいからだにかわっていこう
e0192203_11561748.jpeg

[PR]
by kogomi_dou | 2018-04-10 11:42 | からだのこと

土地のチカラ

こんばんわ。
お手あて&手しごと「こごみ堂」(@横浜・妙蓮寺)まえだです。

津々浦々ツアーより無事帰ってきました。
本業のお手あてとはまた違う「舞踊」の世界。

では、ありますが、今回はお手あてや手しごととつながるなあ、と感じる旅でした。

津々浦々ツアーでは、野外で踊ることが多いです。
今年はとくに、福島(いわき)以外は野外公演。
しかも、例年になく雨模様が続く日々。
リハーサルも本番も「雨の降る中」という状況が何度かありました。
「足場がぬかるんで」ということはあまりなかったものの、
雨のなか踊ることは、足をいつもよりしっかりと踏みしめないと踊れません。
このツアーは雨天決行なので、踊る側も天気が悪い場合は覚悟が必要です。
もちろん、みにきてくださる方のほうが大変であったかと思うのですが、
そういう中での積み重ねはやはり大きかったんじゃないかな、と思います。

幸いなことに、ツアー終盤の上田では雨上がりの虹、最終日松本では青空の下踊ることができました。
さまざまな天候をくぐりぬけ、静岡・山梨・茨城・福島・長野と大移動をし、
いろんな土地を踏みしめたことは自分たちのからだに多くのことを刻み込んだのではないかと思っています。

「手あてにつながるな」と思ったのは、
土地を踏みしめて踊った感じがお手あてする手に変化をもたらしたこと。
帰ってきてお手あてしてみると、
からだはどっしりと沈み、手はぼわんとあたたかく繊細な感じがありました。
お手あてするときは、上虚下実が重要なのですが、
1週間大地を踏みしめて踊ったことで、まさにそのような体になったようでした。

また「手しごとに通じるな」というのは、
手を使うということは、手先だけでなく体全体をうまく連携させて使うこと。
踊りも、足で踏みしめた力を胴体を通って腕・指先にうまくつなげて踊ります。
また、「手しごと」は動きだけでなく、
自然のものを利用したり、その行為になんらかの思いや祈りが込められることもあり、
なんだかそういうところが踊りに通じているかも、なんて思ったりしました。

すべてはつながっている。

踊ることは、「特別なこと」のように思い、
またある意味「気が重い」ところも自分にとってあったのだが、
今回参加してみて、それも自分の役割のひとつのように思えたのが、なんだか収穫でした。

e0192203_20561687.jpg





[PR]
by kogomi_dou | 2016-09-30 21:26 | からだのこと

夏でも湯たんぽ

こんにちは♪
「こごみ堂」 まえだです。

毎日暑い日が続きますが、
ウチでは最近湯たんぽが活躍中♪

e0192203_10392540.jpg和のお手当て(クラニオ)の師、
みっちゃんの出張に同行した際に、
「からだの奥は意外と冷えているんです。
おなかがあったまると、変な汗も退いてきて
涼しく感じるものなんですよ」 と。

おなかだけでなく、
冷房で首元も意外と冷えています。
数日前のワタクシの状況ですと、
筋肉痛もあり、首すじがこわばって
頭痛と目の奥の痛みも。

まず首に湯たんぽをすると「気持ちいい」
・・・てことはやっぱり冷えていたんですね。


e0192203_10454926.jpg首の湯たんぽがアツく感じたら、
こんどはお腹へ。
あたたかさがじんわり沁みこんで
からだの中が均等にあたたまっていく感じ。

最近、足首の腫れ(むくみ)もあるので
小さい湯たんぽは手ぬぐいで巻いて足へ。
お風呂では温・冷交互の足浴も。

日中も足首をなるべく冷やさないように。

「かぐらやロール」、役に立っています♪

*こごみ堂HP リニューアルしております☆
よろしかったらごらんくださいませ。
http://kogomidou.jimdo.com/
[PR]
by kogomi_dou | 2016-07-20 10:51 | からだのこと

季節をいただく

こんにちは。
お手あて&手しごと「こごみ堂」(@横浜・妙蓮寺)まえだです。

e0192203_11274032.jpg

横浜では桜の花もそろそろ終わり、
公園ではつつじが咲き始めました。

花は目にたのしい。

春先、ちょっとお腹の調子が悪かったのですが、
ここのところようやく回復してきました。

料理をする元気もでてきたところに
筍がやってきました!


e0192203_11311564.jpg
米ぬかで茹でて(画像は省略)、
まずは筍ご飯。

具は筍オンリー。

茹で汁に醤油と塩を少し入れて
炊きました。

筍のほっくりとした感じと
えぐみ。

春だなあ。

春の食材は、
山菜もそうですが、灰汁が強い。

そんなに大量に食べるものではないですが、
エネルギーはいっぱい。

これから伸びようとするものをいただくのですからね。

そんなにたくさんはいらない。

野の植物は豊富になってきましたが、
路地物の野菜は今の時期収穫の端境期で少なめです。
(温室栽培とかの野菜は売ってますけどね)

今度実習でお世話になる農家さんでは、
花芽を売っていました。
これが結構おいしいとのこと!

e0192203_11404345.jpg
ということで
前に載せた、大根の花や
残っている葉っぱなどでサラダを。

育ちは悪かったけど、
味は凝縮してました。

今読んでいる『エイラ‐地上の旅人』でも
冬の旅で、枝に残った実や木の皮の内側、保存食を
食べるシーンがあります。

あるものを活用する知恵。
見習うところがたくさんあります。

食べ物が少ない時期をやり過ごし、
春に新鮮な食べ物が手に入ると
やはり、とても、ありがたいんですよね。
[PR]
by kogomi_dou | 2016-04-13 11:48 | からだのこと

風邪気味のときに

こんばんわ。
お手あて&手しごと「こごみ堂」(@横浜 妙蓮寺) まえだです。

今年後半は(自分にとっては)怒涛の忙しさで爆走。
ようやくひと息つけるところまでやってきたら
気がゆるんだのか、風邪気味に。
基本、低血圧・貧血傾向が強いので
体調が悪くなると、ゾクゾク寒気と頭痛がひどくなります。
そして、思考停止。。。

先日はぼんやりしているところに
梅醤番茶をいただいて、徐々に体があたたまり、
さらにお手あてをしてもらって、体が巡り始めました。
助かったー。
Sちゃん、ありがとう♪♪

e0192203_22263623.jpgおうちに帰ってからは
番茶はないけど、梅と醤油と生姜ならある!

そういえば、お湯に醤油をひとたらししてもよいって
いってたっけ。

・・・というわけで
白濁したアヤシイ飲み物ではありません。
これでだいぶポカポカに。
お風呂はヨモギやらみかんの皮やらを入れて。
寝るときは湯たんぽ仕込んで、
セルフお手当て。

咳が続いたらダイコンをはちみつにつけようと思ってたのですが
そこまでひどくはなかったので省略です。

おかげさまで、翌朝はだいぶすっきり。
やや、体力消耗中なので
人混みは避けておいたほうが無難なようです。
ゆるっと回復中。

みなさんもどうぞご自愛くださいませ。
[PR]
by kogomi_dou | 2015-12-16 22:35 | からだのこと
こんばんわ。
お手あて&手しごと「こごみ堂」(@横浜 妙蓮寺) まえだです。

少し前になりますが、10/24(土) 座間で「お手当て講座」をしてきました。
参加者は、ご自身のからだのことや周りの方にお手当てしてみたいという方々。
60代くらいの参加者が多かったかな。

2時間という時間の中で、いかに伝えられるか最初は不安でしたが、
からだほぐしをしてもらったり、2人一組でワークしてもらったり。
少しずつ場がなごやかになってきて、
最後は横になって、それぞれお手当ても体験していただきました。


感想を主催の「ワーカーズ・コレクティブごむのき」さんからいただきましたので
一部紹介いたします。

・簡単だったので、家族と一緒にやってみたい。
・毎日忙しくしているので、リラックスの大切さを教えられた。
・身体のお手当ては、心のお手当てだと改めて感じた。
・寝転んでやるお手当ては、ぜひ子供たちに教えたい。
・力をいれなくても身体がほぐれるなんて、感動した。
・自分もリラックスすると相手もリラックスできる。
・指のストレッチなどは、職場での体操に活用したいと思う。
・とにかく、気持ち良かった。

からだがほぐれるとともに、みなさんの表情がどんどん明るくなっていくのが
印象的でした。

みなさんの反応からこちらも学ぶことが多く、
とてもよい時間を過ごさせていただきました!

そして、お手当てっていいなあ、と。

参加されたみなさん、機会を与えてくださったみなさん、
ありがとうございました☆
[PR]
by kogomi_dou | 2015-11-06 23:40 | からだのこと

徐々に秋が近づき・・・

こんにちは。
お手あて&手シゴト「こごみ堂」(@横浜・妙蓮寺)のまえだです。

「そろそろ立秋?」
との知人の問いかけに
「まだまだでしょー」
と答えた私ですが、
昨日8/8が立秋でございました・・・(汗)

暦を意識してか(?)
夜の暑さも少しやわらぎ、
今日の陽射しもやや穏やかな気がします。

季節は着実に移り変わっている。
そろそろ夏の疲れを残さぬよう、
秋の準備をしたいところ。

まずは冷たいものを控えてお腹の調子を整えましょう。
そして、喉のケアもそろそろ始めましょう。
首回りのストレッチや鼻呼吸からでOK。
胸の広がりも意識しながら腕を大きく回して深呼吸もいいですよ。

では、まだ暑い日が続きますがよい夏をお過ごしください。

e0192203_11315479.jpg


ようやくですが
遅く植えたゴーヤの花が
咲き始めました。

花の後ろにはすでに小さい実が。
[PR]
by kogomi_dou | 2015-08-09 11:32 | からだのこと

オリーブ茶をつくる

こんにちは。
横浜・妙蓮寺「こごみ堂」まえだです。

小田原のわらじ講座の最後に
オリーブの葉っぱをいただきました☆

e0192203_1025733.jpg

お茶にすると
抗酸化作用があっていいとか。

「葉っぱが
くるくるするくらいまで
乾かしてね!」


ということで
しばし天日干し。


e0192203_10272015.jpg


だいぶ乾いてきたので、
今度はフライパンで軽く炒ります。

徐々に香りがでてきます。


e0192203_1029388.jpg

程よく水分が抜けたところで
ちょっとくだいてお湯を注ぎます。

色がうまく出ませんでしたが、
香ばしく、すっきりとした飲み口のお茶に。

後味がさわやかな感じがします。
この味、結構好きかも。

おうちにオリーブの木がある方、
ぜひお試しください♪

[PR]
by kogomi_dou | 2015-06-12 10:33 | からだのこと

通り抜ける

こんにちは。
横浜・妙蓮寺の整体「こごみ堂」まえだです。

GWはいかがでしたか?
私はお休みをいただき、盛りだくさんの体験をしてきました。

そのことについては、またの機会に。

実は、4月に体調を崩しておりました。
簡単にいえば、「花粉症」。
鼻から喉にきて、声が出なくなり、咳がなかなか止まらなかった。
「排出だ~」
と思ってはいるものの、咳って結構周りにインパクト強いんですよね。
施術中もマスクをしてはいるものの、時折咳き込んでしまったり。。。
花粉だけでなく、埃やちょっとした気温や環境の変化にも過敏に反応することもあり、
お客様にはご迷惑をおかけしました。

それでも、今年は経過良好だったのです。

いつもは、始まるとすぐに喉の炎症がひどくなって
耳鼻科に行って、抗生物質投与。
自分の力で回復できなかったんです。

しかし、今回は出先で「喉のチャクラのCD」をかけていた部屋にいたら
なんと喉が少しずつ楽に。
鼻水の感じも粘りのあるものから、サラサラしたものに変化したようです。
なんだかわからないけど、助かった!

症状がひどくなりかけた最初の時期に、こういう体験をしたせいか
その後は長引いていたものの、少しずつ快方へ。
はちみつをのんだり、レンコンを食べたり、
食事も喉を潤すものを取り入れ、
時折、クラニオのお手当や瞑想などからだの流れをよくすることをしたり。

ほんとうにゆっくりで、薄皮をはぐような感じですが、
少しずつラクになってゆきました。

私はそれほど詳しくはないのですが
野口整体では「病気を通過させる」とよく言うそうですよね。

まさに、からだでいろんなことが起こりつつ、
通過していったという感じです。

なかなかこんなふうにじっくりと症状と過ごす
というのは、
現代社会では難しいかもしれませんが、
そういう経験って大事だなあ、と身をもって感じました。

自分のからだをみつめる、変化を感じる
なにが必要か判断し、試してみる、待つ

ということ。

通過させると、なんだかスッキリします。
ちょっとバージョンアップしたようになります。

クラニオのお手当や筋膜療法にも似ています。

通過する過程では、
停滞したり、逆戻りした感があったりすることもあります。

自分一人ではできないときに、
寄り添い、少しだけ、サポートする感じ。

そんなちょっとしたサポートなので
ゆっくりペースでの仕事なんですよねえ。

しかし、
通り抜けたときは、
本当に風が吹いたようにスーッと清々しい。
そして
明るい光がさすような気がするのです。


ふむふむ、
この「通り抜ける」感じが好きなのかもしれないな。


施術の仕事も、お掃除も。

施術は「からだのお掃除」、かな。
[PR]
by kogomi_dou | 2015-05-06 17:44 | からだのこと